FC2ブログ

柘榴


柘榴 10/16

アルシュ/F4










Date: 2018.11.15 Category: Watercolor 3 Comments (0) Trackbacks (0)

シドメン 5 空の位置 


シド 12/17 機内のワインとナッツ
ワインとナッツ/







シド 12/17 空






シド 12/17 テーブルで



ガルーダのパーサー。照明の落とされた機内、空いている席で資料を書いている。
このパーサーはココアの作り方もわからないのでCAに作ってもらっていた。





シド 12/17 機内地図



太平洋上空、フィリピンのセブ島に南下。
日本から持って来たキウイを喰う。






シド 12/17 スプン











Date: 2018.11.15 Category: Sidemen(前編) 満月祭  Comments (0) Trackbacks (0)

シドメン 4 39000フィート



シド 1/1 空





シド 1/1 空1
雲海/





シド 12/17 スチュワーデス
ガルーダインドネシアのCA/





シド 12/17 








シド 12/17 ジュース
機内のキッチン/







シド 1/13 ディオリッシモ
ディオリッシモ/









Date: 2018.11.12 Category: Sidemen(前編) 満月祭  Comments (0) Trackbacks (0)

シドメン 3 関西空港の椅子


シド 12/17 空港の椅子2
シド 12/17 空港の椅子1
朝日/






シド 12/17 空港窓から
departure/






シド 12/17 機体窓から
ガルーダインドネシア/







シド 12/17 空1
離陸/









Date: 2018.11.11 Category: Sidemen(前編) 満月祭  Comments (0) Trackbacks (0)

シドメン 2 髭のパトリック 

シド 12/17 電車9




シド 12/17 電車11






シド 12/17 電車 空港へ



関西空港へ、隣はお国へ帰るパトリック。






シド 12/17 電車10













Date: 2018.11.09 Category: Sidemen(前編) 満月祭  Comments (0) Trackbacks (0)

シドメン 1  朝の電車


シド 12/7 電車2
シド 12/7 電車3
電車 東山の学生/


シド 12/7 電車5



早朝、五時台の電車に乗り、関空へ。
ほとんどのひとが寝ている。




シド 12/17 電車1
草津/








シド 12/17 電車6
京都/



フラフープの試合へ行く格好の子どもたち。




シド 12/17 デンパサール
デンパサール/






シド 12/17 林檎
リンゴ/









Date: 2018.11.07 Category: Sidemen(前編) 満月祭  Comments (0) Trackbacks (0)

スケッチ  アケビ


アケビ 10/29
waterford/









ミファイン 9/30


庭を走り回るファイン










Date: 2018.11.07 Category: スケッチ 2 Comments (0) Trackbacks (0)

ORTIGIA  41 美術学校 



オル 6/23 スクールの門
School の門/Waterford




石の間口は狭いが、そこを潜ると外からは想像できない間取りになっているのがこの辺りの特徴だ。京街も入り口が小さく奥が深いので「鰻の寝床」と呼ばれているが、それに似ているかもしれない。
昼間が暑すぎるので窓はどこも小さく、アトリウム(中庭)から陽光が射し込むようになっている。


廊下は声が丸形の高天井に反響し、人もいないので歌ってみたら、びっくりするほど響くのだった。


座って描いていると、カルトンを持ったひとが入って行くので付いて行く。






オル 6/23 アレキサンダー





中はこぢんまりした美術スクールになっていて、ロシアから留学しているアレキサンダーは、教室と続きになっているオープンキッチンで買って来た果物を洗っているところ。授業の休憩に皆で食べるらしい。
「あなたのこと、知ってるわよ。昨日、パペットの工房にいたでしょ。彼が日本人の画を描いてるコが店に来たんだって言ってた。写真もアップしてたんだよ」

さり気なく、洗いたてのすももをこちらにくれる。




オル 6/29 すもも






オル 6/23 チョービンさん





中国からテキスタイルデザインを学びに来ている、チョービン。
こちらに来てから、初めてのアジア人の同世代。(おそらくアレキサンダーやその他の学生さんよりかなり年上)同胞に会ったような嬉しさ。下手な英語でやりとりする。
描いててよかったなあ~と思う瞬間はこういう時で、
国籍も年齢も外観もバラバラな者が、美術という点ですぐに通じ合えるのである。

年々、「日本はすばらしい」という番組がやたらと増え、中には日本人のよい特徴をあげて、他の国にはわかるまい、などという言い方をする人がいる。しかし、これは個人として置きかえたとき、こんなことを言われて、この人とつき合ってみたいと思うだろうか。
さりとて、他国の人に対して、人類皆同じですという調子で、何の特徴も示せない、一般的なことしか話せないのでは、又こんな時、つまらないのである。
私が、こうした交流の時に、後で恥ずかしく思うのは、自分の国のアピールを、寿司とか東京とか低い次元でしか英語で云えないことだ。
いざとなると誰でも知っているようなことしか出てこないのだ。

他の国の言葉で日本を表現することで、一度住んでいる所を突き放して、距離を置いて見ることができるし、どのこ国のひとでもいい人もいればそうでない人もいると思える。
有色人種差別のイギリス人オーナーのホテルに泊まったときは(彼は、同じ料金なのに白人だけをパーティー会場のいい席に座らせ、その他にひどい席を与え、怒って帰った人もあった)悲しかったし、同じイギリス人でもマイケルのように親しみやすい人もいる。そういうことだ。



近く行われる演劇の構成をどうするのか、各グループで熱心に話し合っている所。







Date: 2018.11.03 Category: SICILY  ORTIGIA マルコと唄う「Darling」 Comments (0) Trackbacks (0)
カテゴリ
カウンター
プロフィール

TOMOKONOMORI

Author:TOMOKONOMORI
森島朋子 
Tomoko Morishima
【Shiga, Japan】




画像の無断転載はご遠慮ください。

カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
ブログ翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最新コメント
QRコード
QR