FC2ブログ

旅の用意



スーツケース1 7/10
スーツケース2 7/10





Ortigia で見つけた
レモーネのカッパでは❔

























Date: 2019.07.10 Category: わたしの部屋 Comments (0) Trackbacks (0)

ティラミス



たまご







スポンジ


卵4個でスポンジケーキを焼きます。




カルーア



カルーアと濃く出したコーヒーを混ぜ、コーヒーシロップを作ります。
カルアミルクといえば岡村ちゃん。
♩あともう一回 あなたからあともういっかいの〜






重ね




スポンジ、コーヒーシロップ、生クリームとマスカルポーネチーズにラムを混ぜたクリームを順にのせ、二回繰り返します。
コーヒーシロップはべしゃっとなるくらい染ませます。ケーキとプディングの中間のような食感を目指します。
ティラミスはイタリアのお菓子で、食後に冷えて曇ったグラスにティラミスが出てきます。
スプーンですくって、ケーキを食べているというより、冷たい柔らかなクリームを食べている、その間にほろ苦いコーヒーの味がする、というのが理想です。

ティラミスはよく冷やした方がおいしいので冷蔵庫へ。






できた









パフェ















あそぶ




あそぶ2


インゲン豆で遊ぶファミンの兄。














マンゴーアイス




生クリームとマスカルポーネはどちらも小のパックですが、泡立てるとボウルいっぱいの量ができます。
残りで、フルーツサンド、マンゴー缶と合わせて凍らせ、ハンドブレーダーで攪拌すると、さっぱりとしたアイスクリームの完成です。





フルーツサンド






















ひる蕎麦





ふらいぱん






トウモロコシは茹でる以外に美味しい食べ方はないか❔
生のトウモロコシを包丁で縦に刮げて、野菜とかき揚げにすると、
甘味が増して新しい美味しさです。






コーンかき揚げ














Date: 2019.07.08 Category: わたしの部屋 Comments (0) Trackbacks (0)

素麺/カツサンド



茄子1






じゃこ



じゃこをカリカリに炒めて、ほうれん草と炒めます。





揚げ浸し









そうめん



ナスの揚げ浸しと素麺。














お皿の花














肉





トマト



畑で採れたキュウリを使います。






サンド



焼いたパンにバターを塗り、レタス、キュウリ、アボカド、レタス、オニオン、カツをのせて、
ケチャップとマヨネーズを混ぜたソースをたっぷりのせます。

とことん無反省なトマトケチャップ。







サンド2



冷えた白ワインと合います。





サンド完成









こぐま
koguma






















Date: 2019.07.05 Category: わたしの部屋 Comments (0) Trackbacks (0)

夏のジュレ/ボンゴレと南瓜のスープ




グレープ




ピンクグレープフルーツを剥いて冷やしておいたものと、
白ワインと水合わせて250mlにきび砂糖を加えてゼラチンを溶かして冷やした、白ワインのゼリーです。
スプーンで崩してグレープフルーツと混ぜ、パンナコッタに乗せると、きらきら夏のデザート、お酒の利いた大人の味です。







グレープ3
















溶かす3



溶かしバター40g、ココア25g、きび砂糖70g、小麦粉170g、卵一個を混ぜて、冷蔵庫で30分ほど冷やします。
じっくり揚げると、さくさくのココアドーナッツ。




ココアドーナッツ

















カボチャ 09-15-11


ボンゴレが味強めなので、あっさりした南瓜スープを作ってみます。
南瓜四分の一を切って皮を剥き、蒸します。
鍋にバターひとかけを溶かし、玉ねぎ二分の一、しめじを炒め、蒸した南瓜を入れて牛乳を浸るくらい入れます。
ハンドブレーダーで液状にします。
コンソメ小さじ1〜塩少々、もし南瓜が甘くない時はきび砂糖少々で味を整えます。








浅蜊



浅蜊は買ってきたらすぐに海水濃度にした塩水に浸けます。浅蜊から砂など出てくるので二回ほど塩水を変えます。






浅蜊3



オリーブオイルをフライパンにしいて、ニンニク、唐辛子を炒め、玉ねぎ二分の一、パプリカ一個、椎茸、しめじ(縦に割いて入れると香りが出ます)トマト一個〜、緑があると嬉しいのでインゲンやピーマンなどを加えて炒めます。塩、コンソメ、バジルソースを加えて、きれいに洗った浅蜊を入れ、半分浸る量の白ワインか料理酒を浅蜊が少し浸るくらい入れて蓋をし、一気に強火にかけます。


パスタがノビてしまうと台無しなので、どんなパスタの時も、ソースのメドが立ってからパスタを茹でます。





浅蜊4



パカッパカッと浅蜊の開く音がしてから、ソースに浅蜊の出汁を出すため中火で少し煮ます。




湯気




ここからテンポ良く、バターひとかけ、胡椒、好みでチーズを加え、茹で上がったパスタをトングで素早くよく絡めて、皿に移します。

パスタはボンゴレ以外でも、野菜や魚介のスープがフライパンに残っているくらいで絡めるのが理想です。
パスタはスープを吸いますし、水気がないと食べていて喉にひっかかるので、水分を残すのが○。
今回はあまり上手い盛り付けではありませんが、ボンゴレはパスタが隠れるくらい浅蜊を乗せると○。
箸は混ぜることができますが、盛り付けはトングが大変便利。イタリアでは熱々をたべるために、家族の集まったテーブルに鍋ごと持ってきてソースと絡めて各人の皿によそいます。














完成 09-15-11










青虫



植えたてのパセリを盛大に食べてくれた青虫くん、、、。













Date: 2019.07.03 Category: わたしの部屋 Comments (0) Trackbacks (0)

酢飯/メキシコのメロン


メキシコ



メキシコから来たハネジューメロン。
大きい果物を切るのはきもちいいものです。
レモン汁とメープルシロップで和えます。
ナンを強火でさっと焼いてハチミツをかけると朝食に○。








ナンとメロン


























お米



ちらし寿司を作ってみます。

二合を炊く30分前に洗い、少なめの水に酒大さじ4を加えて昆布を乗せて炊きます。
米酢大さじ4、砂糖大さじ2、塩小さじ1を混ぜておきます。





レンコンと人参


レンコン、にんじん一本、椎茸を刻んで、出汁2分の1カップ、砂糖醤油で水気がなくなるまで混ぜながら煮ます。






酢飯



ミックスしたすし酢をしゃもじに受けて回しかけ、全体に行き渡らせて10分置いておきます。
扇ぎながら余分な水分を飛ばします。
すし酢はしっかり入れた方がおいしいです。


錦糸卵と茹でた海老をのせて、山椒をあしらったら出来上がりです。








寿司








くろめこげ









Date: 2019.07.01 Category: わたしの部屋 Comments (0) Trackbacks (0)

出汁を取る/ナンとカレー 


出汁




昆布とかつお節のだしをとります。

一晩鍋に水と昆布(大)を一枚浸けておく。鍋に醤油、きび砂糖、味醂を加えて火にかけ、煮立つ直前にかつお節を片手にこんもり入れ、湯に沈めてから火を止める。








紫陽花





皿うどん



皿うどん、しめじとエリンギのかき揚げ、出来立ての出汁です。
自分でとった出汁は、香りがよく、滋味深い素朴なおいしさ。
























鶏





マレーシアで食べたカレーを目指します。

日本のインドカレー屋さんは、ネパール人が作っている場合が多いようです。
私はインドへは行ったことがないですが、マレーシアでインド人が作ってインド人が食べに来る店で食べたカレーとナンは最高でした。
翌年もはるばるその店へ行くほど、狂おしい美味しさでした。
テーブルクロスのないような、バラックの素っ気無い店でも、朝からロッティーを焼いて煮たカレーを出す、日本でいう駅のうどん屋のような風景が見られます。こちらも安くて美味い。
マレーシアには、マレー系、インド系、中華系と、宗教も外見もまったく違った人種が共存しています。
カレーは日本のルーを使ったとろみのあるものではなく、さらっと深みのある味の何種類ものカレーに、ロッティーやナン、ココナッツミルクで炊いたパラパラした米などを混ぜ合わせて手で食べます。

唐揚げ大に切った鶏の胸肉に、ヨーグルト大さじ3、カレー粉大さじ2、クミン、ナツメグなどスパイスをかけて一時間置いておきます。(その前の下準備として、鶏に塩を揉み込んで、出てきた水分ごとさっぱり洗い、ペーパータオルで拭いておくと肉が美味しくなる)





ナッツ




ペースト前



カシューナッツ50グラム、ニンニク、生姜、ひとかけずつ、玉ねぎ一個をざく切りにしてフードプロセッサーにかけます。







ペースト後


そこにココナッツミルクひと缶を入れ、さらにペーストにします。

鍋にバター60gを熱し、ニンニク、唐辛子と適当な野菜を炒め、(今回きのことニンジン)漬け置いた鶏肉を汁ごとすべて入れ、ペーストと煮ます。途中トマト缶を一個入れ、ガラムマサラ、再度カレー粉、味噌、ケチャップ、ハチミツなどを足して味を調節します。カレーが出来たら一晩おきます。








カレーとナン




インド人の作るカレーには遠く及びませんでしたが、日本のお店で食べるのと同じくらいの美味しさのカレーができました。コーンのナン、ピーチ缶を使ったラッシーで踊るマハラジャが聴こえてきそうです。
でも鍋の量からして、二、三日続きそうな予感、、、、。
マレーシアで食べたナンは、何が入っているのか、プレーンナンにハチミツのような甘い香りがして、もっちりしている柔らかいパイのような食感でした。キッチンを覗かせてもらうと、発酵中の丸い生地と大きな黒い鉄板。
インド人の眉は濡れたような漆黒で、眉間中央には赤いビンディ。壁にはインド暦と普段私たちの使う暦と二つのカレンダーが。
デザートにはウェイターのおじさんおすすめのグラブ・ジャムーンを注文しました。グラブ・ジャムーンは、ボール状のドーナッツを目が回るほど甘い透明なシロップに浮かべて、ぐじゅぐじゅにした一品です。
別にグラブ・ジャムーンを作らなくとも、カレーの後に何かすごく甘いお茶を少し飲むとかすれば、インドの感じは体感できると思いました。











マイン



やもりが欲しいマイン。





















Date: 2019.06.28 Category: わたしの部屋 Comments (2) Trackbacks (0)

マンゴー・パンナコッタ 


1



牛乳200g生クリーム小1パック、はちみつ45g、ゼラチン8gを鍋に入れ、沸騰する前に火を止めてゼラチンをよく溶かします。冷蔵庫で冷やし固めます。







2



マンゴー缶を開け、トッピング用に数切れ残し、ハンドブレーダーでピューレにします。
白ワイン、オレンジキュラソー、水少々、きび砂糖大さじ1で伸ばし、ゼラチン3gをよく溶かします。
パンナコッタの上に流して冷やします。







3



クリーミーな下の層と、さっぱりフルーティーな上の層がマッチした冷たいデザート。
庭の木苺を乗せてみました。
もっと小さいグラスにいくつも作っても食べ良い。
最近作ったデザートの中では一番美味。



























豆1



豆のスープを作ってみます。



やさい


味が濃くなるということで。しいたけは1日干しました。






スープ



オリーブオイルでニンニク、生姜を炒め、香りが出たらひき肉(ベーコンでも)をよく炒めます。玉ねぎ、ピーマン、きのこ、セロリ、トマトなど野菜を加え塩胡椒して水煮豆を加え、浸る量の水を入れて煮ます。
粉末コンソメの素、トマトケチャップをそれぞれ大さじ3〜加えて味を整え、アクを取りながら中火でコトコト煮ると完成です。
最後にバターを一切れ落とすとコクが出ます。パンにも良く合うスープです。










スープ完成















Date: 2019.06.26 Category: わたしの部屋 Comments (0) Trackbacks (0)

きのこのさっぱりごはん


枇杷ゼリー


頂いた枇杷で枇杷ゼリーを作ります。

枇杷を剥いて種を取り、すぐに鍋に入れてレモン汁ときび砂糖大さじ4を入れ、炭酸水を少し加えてコンポートを作ります。

そこに炭酸水(ゼライス二袋分=250ミリリットル×2)を加えて沸騰する前で火を止め、よくゼラチンを溶かします。






しいたけ


冷やしている間に、エリンギ、椎茸ベーコンを適当に切り、オリーブオイル大さじ1で炒めて、酒少々、醤油大さじ1・5を加えます。



炒め





ごはん




炊く30分前に洗っておいた米二合に炒めたきのことベーコンを汁ごと入れて炊きます。
炒めなくてもそのまま具と調味料を入れて炊けばいいのですが「きのう何食べた」で炒めて作る豚汁を試してから、炒めた方が味が落ち着く気がします。

炊けたら蒸らして、最後にレモン汁を絞ると、きのこのさっぱりご飯の完成です。きのこの良い香りが一杯。
唐揚げ、ゆば、キャベツと卵の中華スープ。







完成

















ガッシュ




植木鉢をガッシュで塗りました。
白と、ミスティーブルー(ごく薄いブルーグレイ)を混ぜて、プラスティックではない良い感じになりました。

ローズマリー、挿し木したアイビー、パセリを植えてみました。











鉢







ゼリー2











Date: 2019.06.24 Category: わたしの部屋 Comments (0) Trackbacks (0)
カテゴリ
Watercolor 3 (403)

Watercolor  5(84)

デッサン 2(64)

水彩画 2 (103)

水彩画 (506)

デッサン(252)

水彩 4(104)

スケッチ 2 (140)

Sketch 3(113)

Sketch 4(32)

スケッチ  1(255)

素描 Drawing(19)

立体造形(15)

漫画,イラスト An illustration(21)

創作絵本(12)

わたしの部屋 (160)

わたしの部屋 Ⅱ  (101)

俺の万年床(14)

卓上から (100)

旅行の風景/Taiwan 、Thailand(34)

旅行/京都 、 奈良、広島、大分(59)

神戸するめクラブ(9)

模写(11)

日本画(7)

Baliのいろいろ(30)

Bali 田んぼを走るAda・インダスの渓谷(0)

Lombok 島 イグアナはモーと鳴かない(1)

庭(133)

立憲主義は政治的でせうか(60)

Laos の火鉢(84)

Laos かたちあるもの かたちないもの(61)

タイ 2(21)

Thai The Sundaysの音楽(0)

沖縄(50)

沖縄 石垣島 2(26)

フラフラ Hong Kong Night(40)

Malaysia ランカウイ島 12匹の猫と長毛種(1)

Taiwan3  タイチュン 茶の山 (48)

Sidemen(後編) テヨンさんとアグン山(2)

シドメン 再びのTeo、牛飼いのマナとサヤ(19)

Taipei 4   “小人退散 貴人来”(30)

金沢 井上有一の筆(0)

台湾 高雄 STAR HAUS HOTEL の7月・9月・3月 (1)

福岡 (0)

VIETNAM 飛ばない気分 (0)

Taiwan 秋のクリスマス(0)

木星の端に座って Diary   (61)

役に立たない日々(24)

SICILY  ORTIGIA マルコと唄う「Darling」(51)

寒さ厳しい Amsterdam(3)

カウンター
プロフィール

TOMOKONOMORI

Author:TOMOKONOMORI
森島朋子 

Tomoko Morishima
【Shiga, Japan】

カレンダー
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
ブログ翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最新コメント
QRコード
QR