FC2ブログ

『紫のひと』


そと






松村正直さんの歌集『紫のひと』を買う。






言うことに疲れ畳の制服の息子をひろい壁にかけたり

こんなにも花咲くことのくるしくて苦しきゆえに咲くのか花は

震えながら時おり花をこぼしつつこらえていたり今日の桜は

ひりひりと桜の花の散りゆくを見ており見ているしかできなくて

そこで気を失うような空白の、ましろき滝のなかほどあたり

一度しかない人生の一度目を生きて迷えり昼のメニューに

どこへ向かう道かは見えず歩みゆくほかなし曇りのひかりにぬれて

だいじょうぶと拒むを無理に付き添いて行く病院にコスモスひかる

通帳や証書をならべ計りたり母の暮らしの残りの時間





作者の中年期と、これから向かえる老年期。「人生後半の生き方」を、桜や海、雪、滝、様々な対象物を通して見出そうとしている感じが伝わってきた。それ故か桜や滝など過ぎ去って行くものを(見ていることしかできない自分がいる)という視点で描かれている歌が多い。



四十になっても人を抱くことは もちろんあって小舟が揺れる

これは、吉川宏志の

四十になっても抱くかと問われつつお好み焼きにタレを塗る刷毛

という一首に連動した感がある。

「みずのめいろ」(『パンの耳』一号に収録)、は陶酔感のある性愛の描写が続くが、




しあわせな日々は後から気づくもの甘いひかりが草地に満ちて
亡くなった人の噂を少ししてまだふたりとも生きている夏



などに垣間見える、やがてお互いが向かえる「死」をどこか前提としている性愛であり、そう思うと青年期の性の歌とはまた違った切迫感が感じられる。



皮膚が砂に覆われてゆく、感情の薄さを君に言われるたびに


など夫婦の行き違いから方向を転じた、男女の肉体的な結合という面もあるのかもしれない。
身体の結合が争いのけりをつけてくれるのは、一般的に中年半ば頃くらいまでだろうか。このような方策が難しくなる中年以降は、作者の夫婦の歌もまた変化するのだろうと思った。



あれはいつの母の背中か次々と揚げる唐揚げつぎつぎと食う
どこへこの日々は行くのか 新緑の砂浜にひとり子供が座る


幼少の頃から日常的に見ている、台所に向かって料理している母の背中。事実を思い出しているのではなく、
自分が食べている感じまで、ありありと光景が甦ってくる。それが昔なのか今再現されていることなのか、わからないほどに。
二首目、母の認知症が進むことを、なるべく理性的に受け止めようとする歌の中に、揺れ動く孤独な気持ちの歌が混じる。




短歌研究社から、2500円。






家
青色の家/ダンボール、アクリル/












Date: 2019.10.01 Category: わたしの部屋 Ⅱ   Comments (1) Trackbacks (0)

ブルーベリー・パイ



パイ1




庭にたくさんブルーベリーが実りました。去年の二月に土壌改良したためか、背丈を越えた枝に鈴なりになっています。
手作りジャムを使って、タルトを作ってみたいと思います。
小麦粉と強力粉合わせて220グラムに、バター有塩200グラムを角切りにして手ですり合わせ、冷水100グラム(調節して)を入れてまとめます。冷蔵庫で寝かせて伸ばし、三つ折りを繰り返してパイ生地を作ります。







パイ2




カスタードクリーム・牛乳200mlに卵一個を混ぜ、砂糖と小麦粉(振るって)火にかけ、よく混ぜて冷やします。
上掛けゼリー・水少々に砂糖大さじ1、ゼラチン、キルシュを混ぜます。

パイ、カスタードクリーム、ブルーベリージャム、ブルーベリーの順にのせて、上掛けゼリーを塗ってよく冷やします。


生地を前の日に作って冷やしておくと、簡単にフレッシュなパイができます。











Date: 2019.08.28 Category: わたしの部屋 Ⅱ   Comments (0) Trackbacks (0)

旅の準備 





旅の用意 3/28
スーツケース/



オランダはまだ寒いとのことで、湯たんぽを持って行く。






エアメール 3/29 
Airmail/





スキャン
ウズラ/







グローバル 3/28 
globalの包丁/



しばらく自炊して暮らすため、マイ包丁、醤油、出汁の素、コンソメ、味噌、海苔、塩、梅干しを入れる。
といっても、荷物がいっぱいで味噌など3回分しか入らない。
パスタ生活でデンプン人間になるであろう、使いよいトングも入れる。

残る猫たちが何よりの心配である。








しまちゃん 3/28 
シマちゃん/





しま 3/28 







駅 3/28 
駅/







苺 3/28 
苺/





スキャン 5
くろめこげ/









ベンチ 3/30
Coleman と安全ピン/












Date: 2019.03.28 Category: わたしの部屋 Ⅱ   Comments (0) Trackbacks (0)

スケッチ  マスカット



マスカット 3/21
アルシュ/






こぐまとくろめこげ 3/21
こぐまとくろめこげ/




ワックスの乾く前の猫・出没率120%




くろめこげ ワックス








アップルパイ 3/21



アップルパイを焼いてみました。














Date: 2019.03.21 Category: わたしの部屋 Ⅱ   Comments (0) Trackbacks (0)

雨上がり 


夏の花 7/7
夏の花/38×27センチ






くろめこげ 7/7
黒めこげ/35×23・5センチ






すもも 7/7
すもも/27×38センチ







傘 7/8
傘/












Date: 2018.07.08 Category: わたしの部屋 Ⅱ   Comments (0) Trackbacks (0)
カテゴリ
Watercolor 3 (413)

Watercolor  5(89)

デッサン 2(64)

水彩画 2 (103)

水彩画 (507)

デッサン(252)

水彩 4(104)

スケッチ 2 (141)

Sketch 3(113)

Sketch 4(33)

スケッチ  1(258)

素描 Drawing(19)

立体造形(15)

漫画,イラスト An illustration(21)

創作絵本(12)

わたしの部屋 (166)

わたしの部屋 Ⅱ  (103)

俺の万年床(14)

卓上から (101)

旅行の風景/Taiwan 、Thailand(34)

旅行/京都 、 奈良、広島、大分(59)

神戸するめクラブ(9)

模写(11)

日本画(7)

Baliのいろいろ(30)

Bali 田んぼを走るAda・インダスの渓谷(0)

Lombok 島 イグアナはモーと鳴かない(1)

庭(133)

立憲主義は政治的でせうか(62)

Laos の火鉢(84)

Laos かたちあるもの かたちないもの(61)

タイ 2(21)

Thai The Sundaysの音楽(0)

沖縄(50)

沖縄 石垣島 2(26)

フラフラ Hong Kong Night(40)

Malaysia ランカウイ島 12匹の猫と長毛種(1)

Taiwan3  タイチュン 茶の山 (48)

Sidemen(後編) テヨンさんとアグン山(2)

シドメン 再びのTeo、牛飼いのマナとサヤ(19)

Taipei 4   “小人退散 貴人来”(30)

金沢 井上有一の筆(0)

台湾 高雄 STAR HAUS HOTEL の7月・9月・3月 (13)

福岡 (0)

VIETNAM 飛ばない気分 (0)

Taiwan 秋のクリスマス(0)

木星の端に座って Diary   (61)

役に立たない日々(24)

SICILY  ORTIGIA マルコと唄う「Darling」(54)

寒さ厳しい Amsterdam(3)

カウンター
プロフィール

TOMOKONOMORI

Author:TOMOKONOMORI
森島朋子 

Tomoko Morishima
【Shiga, Japan】













無断転載は禁止します。

カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
ブログ翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最新コメント
QRコード
QR