FC2ブログ

Spring garden

庭 5/14


日本に帰ると、新緑の眩しい季節である。

京都から山科にかけて、山々の新芽の息吹が迫ってくるよう。

私の庭は、緑でいっぱいになっていた。



庭 5/14/3


白とクリーム色のモッコウバラ




庭 5/14/4






庭 5/14/5








アネモネ 5/14







庭 5/14/6


簡単メイプルナッツ:フライパンでナッツ200gを香ばしくなるまで炒ります。 メープルシロップ80mlをフライパンで沸騰させ、大きな泡が立ってきたらナッツを加え、木べらで混ぜます。好みで塩少々。
混ぜているうちに白っぽくぱらぱらになったら、
クッキングペーパーの上に広げて乾かします。
メープルの香りのいいお菓子ができます。






庭 5/14/7






庭 5/14/8







庭 5/14/9














Date: 2019.05.14 Category: 役に立たない日々 Comments (0) Trackbacks (0)

湯たんぽ 



ふきのとう 3・11
フキノトウ/Waterford/









むらかみさん 3/10
午後のMさん/



ご自宅で色々あって何となく帰宅拒否ぎみのMさん。大正生まれの92歳だが、お元気で、お茶を呑みに来られる。
私の84で死んだ祖母のお友達で、毎週水曜日、祖母をヨガに誘って下さっていた。

生粋の京都人であり、田舎者の知らない世界を教えて下さる。
お父上は仕出し屋「川介」の暖簾を束ねていた人で、大丸や裏千家などから料理の注文をとっていた。
商売の手を広げすぎて失敗するまでは、Mさんは当時で誰もが行けない幼稚園に、ハイカラワンピースを着て通うお嬢さんであった。

「“おいでやす”、と“おこしやす”では、そこからもう込められているものが違うのよ」
京都の人は本音と建て前の使い分けがはっきりしている。
この場合は、“おこしやす”の方が上らしい。

「“もう帰るやなんて、今きはったばっかりやない、ぶぶ漬けでも食べていかはったら”
と、帰り際に言われてもな、そこで食べたら、“あつかましい人やわ”になるのよ」。

夫は激戦地ビルマから復員を果たした人で、土生姜を齧って生き延びた。
Mさんは当時の教育により、GHQを極度に恐れていた国民学校の少女だったが、敗戦の後に、ポケットにスッとガムやチョコレートを入れてもらって、
「それが、さりげなくサッと入れてくれるの。紳士だと思って、ものーすごいうれしかった。日本の兵隊なんて、逆やったら何してたかわからんて、よう主人と言うてたわ」

家で焼いたパンを出すと、食べ残した耳の所をティッシュに包んだ。
何してるのよと訊くと、
「物のない時代過ごしてきたから、わたしら食べ物捨てるなんてでけへんのよ」


幼稚園の遊びで歌ったという、忘れていた懐かしい民謡を歌った。
ー黄金虫は 金持ちだ 金蔵立てて 家立てて こどもに水あめ なめさせたー
















湯たんぽ 3/11
湯たんぽ/







いちご 3/11/2
苺/









Date: 2019.03.11 Category: 役に立たない日々 Comments (0) Trackbacks (0)

春の風 


いちご 2/26
苺/waterford









チョコ 6/26
ribbon/アルシュ




久しぶりに美術科の同級生がやって来た。
高校生の時の声が隣でするが、横を見るとおばはんが居る。そして、私もおばはんになったのだ。

彼女は私の作ったアップルパイを殆どホール丸ごと食べた。食いすぎだよ。

体育の水泳の授業、ショーシャンク並みの鬼教官は、生理中でもタンポンをつけて泳げと命じた。
もし休めば、後日に日の冷めた放課後のプールで、倍の距離を泳がされるのである。
私たちは、紺の水着で各々個室トイレに入って
「痛って〜〜!」「入った?」「入んないんだけど!」
などと言い合って、夏をやり過ごしていたのである。

こんな話は尽きない。

春のやわらかな風が年とった今年の二人を吹き抜けていく。









Date: 2019.02.26 Category: 役に立たない日々 Comments (0) Trackbacks (0)

May I go home?


ちょこ1


ぼんやりしていると、本日、バレンタインである。
ココアとブラックチョコでどっしりしたチョコレート・シフォンを作ることに。




ちょこ2


溶かしたチョコと菜種油大さじ2を混ぜ、ラム酒大さじ1とラム酒に漬けたレーズンを加えます。



ちょこ3


卵は4個だが、卵白はチョコを入れると膨らみにくいので一個多い5個分で。
先が緩くお辞儀するくらいに泡立てます。




くろめこげ


「わしらにも何かくれるのかよ。」




うどん


余った卵黄一個はきつねうどん行き。






ちょこ4




ちょこ5












Date: 2019.02.14 Category: 役に立たない日々 Comments (0) Trackbacks (0)

猫のドヤ街


まるの家






まるの家2






まるの家3



「目の見えないヒト」と呼んでいる野良ちゃんが居る。
猫カーペットを敷いた所、張り付いて動かない。












アップルパイ

アップルパイを焼いてみました。









Date: 2019.01.27 Category: 役に立たない日々 Comments (0) Trackbacks (0)
カテゴリ
Watercolor 3 (413)

Watercolor  5(89)

デッサン 2(64)

水彩画 2 (103)

水彩画 (507)

デッサン(252)

水彩 4(104)

スケッチ 2 (141)

Sketch 3(113)

Sketch 4(33)

スケッチ  1(258)

素描 Drawing(19)

立体造形(15)

漫画,イラスト An illustration(21)

創作絵本(12)

わたしの部屋 (166)

わたしの部屋 Ⅱ  (103)

俺の万年床(14)

卓上から (101)

旅行の風景/Taiwan 、Thailand(34)

旅行/京都 、 奈良、広島、大分(59)

神戸するめクラブ(9)

模写(11)

日本画(7)

Baliのいろいろ(30)

Bali 田んぼを走るAda・インダスの渓谷(0)

Lombok 島 イグアナはモーと鳴かない(1)

庭(133)

立憲主義は政治的でせうか(62)

Laos の火鉢(84)

Laos かたちあるもの かたちないもの(61)

タイ 2(21)

Thai The Sundaysの音楽(0)

沖縄(50)

沖縄 石垣島 2(26)

フラフラ Hong Kong Night(40)

Malaysia ランカウイ島 12匹の猫と長毛種(1)

Taiwan3  タイチュン 茶の山 (48)

Sidemen(後編) テヨンさんとアグン山(2)

シドメン 再びのTeo、牛飼いのマナとサヤ(19)

Taipei 4   “小人退散 貴人来”(30)

金沢 井上有一の筆(0)

台湾 高雄 STAR HAUS HOTEL の7月・9月・3月 (13)

福岡 (0)

VIETNAM 飛ばない気分 (0)

Taiwan 秋のクリスマス(0)

木星の端に座って Diary   (61)

役に立たない日々(24)

SICILY  ORTIGIA マルコと唄う「Darling」(54)

寒さ厳しい Amsterdam(3)

カウンター
プロフィール

TOMOKONOMORI

Author:TOMOKONOMORI
森島朋子 

Tomoko Morishima
【Shiga, Japan】













無断転載は禁止します。

カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
ブログ翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最新コメント
QRコード
QR