FC2ブログ

デッサン  自画像  

自画像 7/15
ランドスケープ/29×48センチ





違憲だと訴えられたら致命的だ。憲法学者の間に自衛隊違憲論は根強いが、従来の政府解釈は国民の生命や幸福の権利を尊重する憲法13条を根拠に個別的自衛権は許容してきた。しかし集団的自衛権を基礎付ける文言は、憲法上にない。

表現の自由は、私たちの生活の豊かさの源だ。表現の自由を、社会への贈与の仕組みを守るために、私たちは「面倒くささ」に立ち向かわねばならない。(木村草太)


「憲法押しつけ論」を説く改憲論者は、今の改憲論こそ米国の「押しつけ」であることを、どうして見抜けないのか。米国にはびこる民間の「戦争代行屋」の一つとして、同様の役割を日本に要求している。米国の軍事戦略の一環に組み込まれて何が「自立国家」ですか。(内橋克人)


立憲主義を一言で言えば、政府の統治を憲法に基づいて行うことであり、政府の持つ力が憲法によって制限されている考え方のことです。要するに、「憲法は主権者たる国民が国家権力を管理するための法である」というのが、立憲主義の大原則です。
自民党の憲法改正草案をくわしく読むと、原則に逆行する記述が随所に目につきます。本来は主権者としての国民に管理される側の国家権力が、逆に憲法を「国民を管理するための法律」にしようとする姿勢が透けて見えるのです。(奥平康弘東大名誉教授)


行動



SEALDs KANSAI【戦争法案に反対する金曜街宣アピール】
時間:7月31日 19:00~
場所:滋賀 JR石山駅デッキ前
ゲストスピーカー:
愛敬浩二(名古屋大学大学院教授)
藤原辰史(京都大学人文科学研究所准教授)

SEALDs   2015年7月31日 安全保障関連法案に反対する学生と学者の共同行動 
https://twitter.com/SEALDs_jpn

SEALDs KANSAI
https://twitter.com/SEALDs_Kansai

プラ


まだ乾いていませんが、今日の一枚。
伊勢崎賢治さんの著作などを読むまで、私は現憲法での国際貢献がどんなものかまったく知りませんでした。

「アフガンで軍閥の武装解除が成功したのは日本がやったからです。その責任者だった私はよく、軍閥に「日本の指示だから従う」と言われました。彼らは日本が経済大国であると共に、戦争をしない人畜無害な国だとちゃんと感じ取っている。この日本人の「体臭」は9条が培ったものです。なぜそれをもっと利用しないのか。国際紛争の調停に、日本ほど向いている国はないのに。
 (中略)
 軍事力で平和は築けません。軍事そのものを否定することもまた、“平和をつくること”には現実的につながりません。「軍事」とか「自衛隊」とかに関することは何でもだめだと頭から否定するんじゃなくて、まず軍事というものを直視して、その意味をきちんと理解した上で、何が必要なのかを判断する。そうした姿勢があってこそ初めて、非武装による平和構築が可能になるんです。9条という、このユニークな憲法を持っている日本がやるべきことは、まさにそういうことなのではないでしょうか。」
http://www.magazine9.jp/interv/isezaki/

伊勢崎さんのお話は、体験から来るリアリティーがあります。
お話で繰り返し出てくるのが、「9条の国際貢献の可能性」というワードだと思います。

それから、どうも9条の話の時、「撃たれても撃ち返せない」とか、「何も出来ない」、と思っておられる方が非常に多いように思います。私も最初条文だけ読んで、そう思っていました。
けれども、実際には個別的自衛権は許容されており、
相手が攻撃を準備した段階での攻撃も、認められています。(国民の生命や幸福の権利を尊重する憲法13条)
伊勢崎さんの活動でも、丸腰で行っているのではないと記してあります。
認められていないのは、「日本は攻撃を受けておらず、友好国が攻撃を受けているときに、攻撃ができない」
ということです。つまり「他国の戦争には参加しない」。
これが戦後70年、日本が培って来た方針です。国民投票もなく、多くの憲法学者や元法政局長官から『違憲』と指摘されたまま、覆されようとしています。
しかも安倍政権が選挙の時に掲げていた争点は、集団的自衛権ではなく、別の争点で得た票数で法案を強行採決することは、国民の意見を無視した、許されない暴挙です。
難しいことですが、日本の国のあり方が大きく変わる節目に立っています。誰もが、憲法の基本的なことを知識として持って、歴史(日本の侵略戦争や先のベトナム戦争、イラク戦争など)をよく振り返り、個々の意見を深めたいものです。


http://qreators.jp/content/115
『安保法案はどうなるの?そもそも憲法ってなんですか?』

違憲

9割の憲法学者が「違憲」と指摘。「合憲」と言っておられる3方は、「徴兵制も合憲」という解釈。そして3人とも「日本会議」の関係者。




Date: 2015.07.30 Category: 立憲主義は政治的でせうか Comments (0) Trackbacks (0)
カテゴリ
Watercolor 3 (403)

Watercolor  5(84)

デッサン 2(64)

水彩画 2 (103)

水彩画 (506)

デッサン(252)

水彩 4(104)

スケッチ 2 (140)

Sketch 3(113)

Sketch 4(32)

スケッチ  1(255)

素描 Drawing(19)

立体造形(15)

漫画,イラスト An illustration(21)

創作絵本(12)

わたしの部屋 (160)

わたしの部屋 Ⅱ  (101)

俺の万年床(14)

卓上から (100)

旅行の風景/Taiwan 、Thailand(34)

旅行/京都 、 奈良、広島、大分(59)

神戸するめクラブ(9)

模写(11)

日本画(7)

Baliのいろいろ(30)

Bali 田んぼを走るAda・インダスの渓谷(0)

Lombok 島 イグアナはモーと鳴かない(1)

庭(133)

立憲主義は政治的でせうか(60)

Laos の火鉢(84)

Laos かたちあるもの かたちないもの(61)

タイ 2(21)

Thai The Sundaysの音楽(0)

沖縄(50)

沖縄 石垣島 2(26)

フラフラ Hong Kong Night(40)

Malaysia ランカウイ島 12匹の猫と長毛種(1)

Taiwan3  タイチュン 茶の山 (48)

Sidemen(後編) テヨンさんとアグン山(2)

シドメン 再びのTeo、牛飼いのマナとサヤ(19)

Taipei 4   “小人退散 貴人来”(30)

金沢 井上有一の筆(0)

台湾 高雄 STAR HAUS HOTEL の7月・9月・3月 (1)

福岡 (0)

VIETNAM 飛ばない気分 (0)

Taiwan 秋のクリスマス(0)

木星の端に座って Diary   (61)

役に立たない日々(24)

SICILY  ORTIGIA マルコと唄う「Darling」(51)

寒さ厳しい Amsterdam(3)

カウンター
プロフィール

TOMOKONOMORI

Author:TOMOKONOMORI
森島朋子 

Tomoko Morishima
【Shiga, Japan】

カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
ブログ翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最新コメント
QRコード
QR