FC2ブログ

呼吸


ユリ /
百合/アルシュ



一泊二日の遠征から帰って一息つくと、突然手の平と足の裏が熱く腫れたようになり、全身に蕁麻疹が。





1


2



地図のようになってゆく。


蕁麻疹は過去二度
どちらも数時間で引いたので、病院に行く気はなかったが、呼吸のしずらさを感じ、タクシーで夜間外来へ。



点滴 9/11




駄洒落ばかり言うI先生と、ヤンキー風な看護婦さんと笑いのある診察を終えたのちの、点滴中に容態急変。
呼吸困難とばたばた手足が浮くほどの痙攣。
突然に身体がコントロールできなくなり、空中を蹴っている自分の足を見て混乱する。


サランラップを口に巻かれているか、透明な海で溺れている状態で息ができない。
「コー」とラップの隙間まから息が漏れ、涙がこぼれる。


駄洒落先生の顔色が変わり、タンカで運ばれ呼吸器。
手足がしびれて麻痺し、声の出ない七転八倒の身体が先生らに押さえつけられる。
「苦しいやろ、わかってる わかってるで」「ゆっくり息を吸え!」
と片手で医療器械の作業をしながら声をかけるI先生。ラップの隙間から吸っても、次が吐けない。
周りの看護士さんに、人工呼吸器を早くしろと罵声を浴びせている先生の声。
天井のライトを見て、死を覚悟する。


(村上春樹が一番苦しい死に方を小説で書いていたが本当だな、日本では犬猫を窒息死させているが、このやり方は
大変な罪だな)
などと、脳は考えていた。
そして、「死」の間際とは、自分が今まで考えていた暗く重たいイメージがあるとすれば、それより百分の一ほどあっさりしたものであった。


見ず知らずの、右手を握っている看護婦さんに、存命中の両親に何か伝えてもらう言葉を数秒考えたが、こうなると(もう、いいか)
と思った。





点滴2




次の日、私は生きていた。
しゃかしゃかと、個室の便所を、掃除係の方が磨いている音が聴こえてくる。








窓 9/11
病院の窓/









Date: 2018.09.12 Category: 役に立たない日々 Comments (2) Trackbacks (0)
カテゴリ
カウンター
プロフィール

TOMOKONOMORI

Author:TOMOKONOMORI
森島朋子 
Tomoko Morishima
【Shiga, Japan】




画像の無断転載はご遠慮ください。

カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
ブログ翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最新コメント
QRコード
QR