FC2ブログ

イタリア 40 職人考 


オル 6/23 家1
オル 6/23 家2
午の家/



午、マオリッツオの店に、夕飯の予約を入れに。
石の路をトコトコと歩いていると、ペストの流行った時代の骨董のような建物に、近代人が中で生活している不思議を感じる。

住人が家の外観を改造することは、法律で禁止されているために駐車のスペースを地下にしていて、時々地面から車がにゅっと急角度で出て来るので轢かれそうになる。電線や、ATM、機械類の、見えない方が美しいものは、上手に石の隙間やアーチの下に隠されている。
京都やアジアの街でも、周りの雰囲気に溶け込むよう蔦に覆われていたり、木の板で囲われていたりする景観配慮のセブンイレブン等が見られる。イタリアの古い街に来ると、それらが子どもだましに見えるほど街全体の保存状態が良く、ぶ厚い歴史の表層に、ちょこんと羽虫のような当世の自分が虫のように乗っている感じがする。オルティージャ島は幾重にも侵略に遭い、宗教も交錯しその度に文化も複雑に他国の影響を受けて変わってきた。
いま住んでいる住民は、美しい街並みを残さなければと思っているし、自分の住んでいる家が街の共同体の一部なのだという意識がある。

日本に帰るとネオンのギラギラと電柱の乱立ばかりの灰色の車窓に、思わずシェードを下ろしてしまうことがある。古い家を壊して、街の景観は調和がとれなくなり、それが定着した風景。
今年、畳替えの時に会った大津の職人さんは、もう自分の代で畳屋を終うのだと言っていた。マンションが増え、畳自体を使う家が少なくなり、和室があっても、安価な中国製の藺草が主流なのだという。国内で藺草をつくっている所もわずからしい。


これは瓦職人も同じで、「屋根に登って五十年」の近所の島林さん(通称“古狸”“ぬし”)に伺うと、瓦を乗せる家が減り、今年大阪で大きな地震があった際に壊れた屋根には、いまだにブル—シートがかけられたままの所があるのだそうだ。瓦を修復できる技術を持った職人が減少し、県をまたいで島林さんの所に電話がかかってくるのだ。





きのこ 11/2
(島林さんが剪定して下さったグミの木に茸が生えていた。年末に向けて障子の張り替え)






「職人は屋根に登ってナンボや」。周囲の屋根を見て、「瓦に何つことんのか見ただけで誰がやったかわかる」
ウチの屋根瓦をチラと見て「淡路産。色でわかる」と即答。
阪神淡路大震災以降、重い瓦は避けられるようになり、事なかれ主義の役人が、瓦屋根廃止をふれまわった。その際島林さんは県に出向いて、瓦の保存を直訴したのだそうである。
きちんとした技術の職人が乗せれば、瓦屋根はそんなに脆いものではない、人の腕である、というのが半世紀屋根に登っている足袋を履いた古狸の主張である。







オル 6/23 猫
猫とサボテン/







オル 6/21 バリティー






たてもの






オル 6/22 人形
人形/



通りに若い人形職人の工房。
服のレース、刺繍、アクセサリ、金属でできた甲冑、怪獣、どれも一つづつパーツから手作りしている。
奥に机があり、沢山の棚、ヤスリ、ノミ、見た事のない道具、床に木屑。







Date: 2018.11.02 Category: SICILY  ORTIGIA マルコと唄う「Darling」 Comments (0) Trackbacks (0)
カテゴリ
Watercolor 3 (403)

Watercolor  5(84)

デッサン 2(64)

水彩画 2 (103)

水彩画 (506)

デッサン(252)

水彩 4(104)

スケッチ 2 (140)

Sketch 3(113)

Sketch 4(32)

スケッチ  1(255)

素描 Drawing(19)

立体造形(15)

漫画,イラスト An illustration(21)

創作絵本(12)

わたしの部屋 (143)

わたしの部屋 Ⅱ  (101)

俺の万年床(14)

卓上から (100)

旅行の風景/Taiwan 、Thailand(34)

旅行/京都 、 奈良、広島、大分(59)

神戸するめクラブ(9)

模写(11)

日本画(7)

Baliのいろいろ(30)

Bali 田んぼを走るAda・インダスの渓谷(0)

Lombok 島 イグアナはモーと鳴かない(1)

庭(133)

立憲主義は政治的でせうか(60)

Laos の火鉢(84)

Laos かたちあるもの かたちないもの(61)

タイ 2(21)

Thai The Sundaysの音楽(0)

沖縄(50)

沖縄 石垣島 2(26)

フラフラ Hong Kong Night(40)

Malaysia ランカウイ島 12匹の猫と長毛種(1)

Taiwan3  タイチュン 茶の山 (48)

Sidemen(後編) テヨンさんとアグン山(2)

シドメン 再びのTeo、牛飼いのマナとサヤ(19)

Taipei 4   “小人退散 貴人来”(30)

金沢 井上有一の筆(0)

台湾 高雄 STAR HAUS HOTEL の7月・9月・3月 (1)

福岡 (0)

VIETNAM 飛ばない気分 (0)

Taiwan 秋のクリスマス(0)

木星の端に座って Diary   (61)

役に立たない日々(24)

SICILY  ORTIGIA マルコと唄う「Darling」(46)

寒さ厳しい Amsterdam(3)

カウンター
プロフィール

TOMOKONOMORI

Author:TOMOKONOMORI
森島朋子 

Tomoko Morishima
【Shiga, Japan】

カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
ブログ翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最新コメント
QRコード
QR