水彩画  茱萸(グミ )

グミ(途中)

庭に実ったグミを描いてみたいと思います。







グミ(途中2)

少し進んだ状態。













安全保障関連法案に反対する学者の会

http://anti-security-related-bill.jp/


「戦争する国」へすすむ安全保障関連法案に反対します



「戦争しない国」から「戦争する国」へ、戦後70年の今、私たちは重大な岐路に立っています。安倍晋三政権は新法の「国際平和協力法」と10本の戦争関連法を改悪する「平和安全法制整備法案」を国会に提出し、審議が行われています。これらの法案は、アメリカなど他国が海外で行う軍事行動に、日本の自衛隊が協力し加担していくものであり、憲法九条に違反しています。私たちは憲法に基づき、国会が徹底審議をつくし、廃案とすることを強く求めます。
法案は、①日本が攻撃を受けていなくても他国が攻撃を受けて、政府が「存立危機事態」と判断すれば武力行使を可能にし、②米軍等が行う戦争に、世界のどこへでも日本の自衛隊が出て行き、戦闘現場近くで「協力支援活動」をする、③米軍等の「武器等擁護」という理由で、平時から同盟軍として自衛隊が活動し、任務遂行のための武器使用を認めるものです。
安倍首相の言う「武力行使は限定的なもの」であるどころか、自衛隊の武力行使を際限なく広げ、「専守防衛」の建前に反することになります。武器を使用すれば、その場は交戦状態となり、憲法九条一項違反の「武力行使」となることは明らかです。60年以上にわたって積み重ねられてきた「集団的自衛権の行使は憲法違反」という政府解釈を安倍政権が覆したことで、米国の侵略戦争に日本の自衛隊が参戦する可能性さえ生じます。日本が戦争当事国となり、自衛隊が国際法違反の「侵略軍」となる危険性が現実のものとなります。

私たちは、かつて日本が行った侵略戦争に、多くの学徒を戦地へ送ったという、大学の戦争協力の痛恨の歴史を担っています。その歴史への深い反省から、憲法九条とともに歩み、世界平和の礎たらんと教育研究活動にたずさわり、再び戦争の惨禍を到来させないようにしてきました。二度と再び、若者を戦地に送り、殺し殺される状況にさらすことを認めることはできません。
私たちは、学問と良識の名において、違憲性のある安全保障関連法案が国会に提出され審議されていることに強く抗議し、それらの法案に断固として反対します。

2015年6月

安全保障関連法案に反対する学者の会










金曜





【戦争法案に反対する金曜国会前抗議行動】

毎週金曜日19:30~21:30に国会前北庭エリアで抗議行動を行っています。ゲストも毎週呼んでいます。ぜひ家族、友だち、恋人、同僚も誘って、一緒に声をあげましょう。





Schedule of action




6/5 (金)19:30~21:30 戦争法案に反対する国会前抗議行動 (北庭エリア周辺集合)

6/12(金)19:30~21:30戦争法案に反対する国会前抗議行動

6/14(日)17:00~18:30戦争立法に反対する渋谷デモ (宮下公園集合)

6/19(金)19:30~21:30 戦争法案に反対する国会前抗議行動



京都

6/21(日)戦争立法に反対する学生デモ in 京都 (SEALDs KANSAI主催)


関西の学生は全員集合!学生以外の方の参加ももちろん大歓迎です。ガンガン来てください。 【戦争立法に反対する学生デモ】 日にち:6月21日(日) 集合:14時 円山公園(京都) 出発:14時30分 #0621戦争立法反対学生デモ http://t.co/glpLRCxs6y




6/26(金)19:30~21:30戦争法案に反対する国会前抗議行動

6/27(土)16:00~18:00 戦争法案に反対するハチ公前大集会

7/3 (金)19:30~21:30戦争法案に反対する国会前抗議行動

7/10(金)19:30~21:30戦争法案に反対する国会前抗議行動

7/17(金)19:30~21:30戦争法案に反対する国会前抗議行動

7/19(日) S4LON vol.2 「本当に止める。」

7/24(金)18:30~ 安倍政権NO!首相官邸包囲

https://www.facebook.com/events/315488835241525/



この他、北海道から沖縄まで、各地でアクション中です!



仙台
集団的自衛権行使にNO! 仙台集会&パレード」を開催!6/13(土) 13:00開会(12:30会場)場所:フォレスト仙台 2階フォレストホール 特別講演「いのちの感受性『戦後』を『戦前』にしないために」講師:落合恵子氏(作家・クレヨンハウス代表)


渋谷
6月14日は東の渋谷デモと、西のロフトプラスワンで「戦争法案反対!」の声が上がる↓
SADL企画 “止めんとヤバイ!戦争立法” 6/14 13:00〜 Guest 伊賀興一&北泊謙太郎



大阪
大阪
安保法案反対4千人集会、大阪で 「集団的自衛権アカン」
06/07 21:16、06/07 21:20 更新







神奈川新聞
http://www.kanaloco.jp/article/102128/1/ 


歴史・紛争史研究家 山崎雅弘氏 寄稿

時代の正体 重なる戦争指導者の姿 2015年 6月12日

首相と中谷防衛大臣の答弁等が、いかに現実とマッチしていないのかがよく解る内容になっています。



にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村


関連記事
Date: 2015.06.12 Category: 立憲主義は政治的でせうか Comments (3) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

TOMOKONOMORI

Date2015.06.16 (火) 14:08:36

> http://www.tv-asahi.co.jp/hst/info/enquete/

報道STATION

憲法学者に聞いた~安保法制に関するアンケート調査の最終結



関西学院大学大学院司法研究科教授・松井幸夫氏

国家の自衛権を根拠に必要最小限の自衛力(防衛力)による自衛権は認められるとしたこれまでの政府見解はかなり苦しいものであったが、集団的自衛権が認められないことは繰り返され明言されてきた確固とした政府見解であった。安倍内閣の集団的自衛権が容認されるとの見解は、これとの論理整合性がまったくなく、明らかに憲法に違反する。憲法改正の手続をとることなく、一内閣の閣議決定によって国家の権力行使の枠組みを緩め、転換できるとすることは、時の権力者の手を縛る「憲法の鎖」(ジェファーソン)を自ら恣意的に解き放つものとして、近代憲法の存在理由(近代立憲主義)を否定するものとなる。上記したような憲法的転換を前提に立案された安保法制は憲法に反する。同時に、この法制が国民の自由に対する影響も重視すべきである。すでに特定秘密保護法は制定されているが、この法制は自由にも大きな影響を及ぼすことになる。「限定的」とは言えない。政府の見解が都合によって変更・拡大されてきたことを考えれば、口約束のレベルにすぎないと言えよう。また、後方支援等の「限定」の拡大は、そもそも限定の意味を持たないように思われる。







中央大学法学部教授・橋本基弘氏

自衛隊創設以来、政府は必要最小限度の自衛力は憲法が禁じておらず、自衛隊はその必要最小限度の自衛力を具体化するものであると説明してきました。同時に、歴代の政府は、憲法が許容している自衛力とは、個別的な自衛権を保障するものであると一貫して説明してきたはずです。同盟国が攻撃されたときに同盟国に加勢する集団的自衛権は憲法9条によって禁止されているという立場が繰り返し述べられてきたはずです。もちろん、政府にも憲法を解釈する権限はありますが、その解釈は合理的に説明するものでなければなりません。しかし、今回の安保法制は、解釈の変更によっては決して正当化されるものではないと思います。都合が悪くなったら解釈を変えて、好きなことをできるようにするというのは立憲主義の国家としてはあるまじきことです。自衛隊だって憲法9条の解釈によって正当化してきたではないかという主張は認められません。まさにその正当化に用いてきた論理(必要最小限度の個別的自衛権を許容している)を廃棄するのですから、これまでの解釈の基礎を否定するようなものです。仮に、安保法制を実現したいのなら、憲法改正の手続を踏むべきです。憲法9条と安保法制について判断できるのは、国会ではなく主権者であり、憲法改正権者である国民以外にありません。安保法制を強行するのであれば、それは立憲主義の否定でもあり、国民主権の否定でもあり、また憲法の否定でもあります。政府与党がしていることは、憲法の無視以外の何者でもありません。「憲法改正が難しいと思ったら、憲法を無視すれば良いのだ」。これが今回の政府与党の基本姿勢でしょう。安保法制が通ることとなったら、日本は立憲主義国であることをやめることになるでしょう。








名古屋大学大学院法学研究科教授・愛敬浩二氏

安保法制の問題点として、以下の点を挙げておく。
●自衛隊が正真正銘の戦場で戦闘行動を行う危険性が飛躍的に高まる。後方支援の「地理的限定」が解除されれば、世界各地で米軍が参加する軍事行動に対する後方支援を担当させられる危険性が高い。従来の「戦闘地域・非戦闘地域」の区別と比べて、1「現に戦闘が行われている現場」と2「行われていない現場」の境界は不明確であり、現場の判断が尊重されることになる。2の状態で自衛隊が後方支援をしていたところ、短時間のうちに1の状態になった場合、自衛隊の離脱が実際上可能であるとは思われない。結果として、自衛隊は正真正銘の戦場で戦闘行動を行う危険性が飛躍的に高まる。
●集団的自衛権行使の解禁は、在日米軍基地の恒久化を招く。現在の日米安保条約は、日本が個別的自衛権しか認めてこなかったため、米軍駐留の建前は、日本と極東の安全のためとされている(6条)。「沖縄に海兵隊が多数駐留しているのはおかしい」と批判できるのも、そのためである(尖閣諸島国有化以前の情勢下でのマイヤーズ元米統合参謀本部議長の苦しい説明を参照。「沖縄海兵隊は防衛の決意」朝日新聞2010/07/20)。日本が「限定的」にせよ集団的自衛権行使を解禁すれば、「日本と極東」という縛りは完全になくなるので、日本と極東の安全保障環境が改善されても、米軍が日本から出て行く理由はなくなる。
●安保法制の正当化根拠として砂川事件最高裁判決を持ち出すことの問題性。砂川事件最高裁判決については、米国による政治的圧力と、最高裁長官を含めた日本政府側の「迎合」が明らかにされている。今回の安保法制も、国会審議の前に新ガイドラインを策定し、安倍首相が米議会で期限を示して法整備を約束するなど、対米従属の姿勢が顕著である。安保法制が整備されれば、米国の要請に対して、これまでの政府のように「憲法上、協力できない」とはいえず、「政策上、協力したくない」と言わなければならない政府が、独立国の憲法裁判として恥ずべき経緯と内容の砂川事件最高裁判決を持ち上げるのは、憂慮すべき事態である。








龍谷大学法科大学院教授・諸根貞夫氏


必ずしも国民多数の声を反映することがない小選挙区制選挙を通じて一時的に議会多数を得た勢力が、これまで、多少綱渡り的な手法ではあれ、先人たちによって組み立てられてきた憲法解釈を反故にしてしまうことは、法的安定性ないし立憲主義の原理に反し、極めて問題である。憲法をめぐる安倍内閣の一連の動きは、例えて言うならば、伝統的な木造平屋建て家屋の上に、無理やり石造りの2階を増築するようなもので、誇りとしてきた日本的な建築美を損なうばかりか、家屋倒壊の危険すら招きかねない乱暴な目論見である、と評することができるだろう。







森島朋子

Date2015.06.16 (火) 01:25:19



>まがまめさん

ありがとうございます。

砂川判決を持って来るやり方には誰もついていけません。担当の判事さんが憤慨されています。↓

「駐留米軍違憲の判決を出した伊達裁判長とともに砂川事件を担当した判事だった松本一郎さん。今、安倍政権が砂川事件の最高裁判決を集団的自衛権の根拠にしようとしていることに「言いがかりも甚だしい」と憤りを隠さない。」


私は安倍さんと深いつながりがあるとされている『日本会議』に電話してみました。

約25分に渡り、丁寧な説明がありましたが、肝心な部分は抽象的。

「安倍首相を信じていればよい」という様なことも言われました。今の説明でよい、とも言われました。

日本会議につながりのある人が合憲と言っている3人なのですが、そもそも日本会議は改憲派。

改憲派なのに改憲しないでも(憲法を守らなくても)いいという考え。


立憲主義否定の首相をひたすら信じている人は、

憲法は誰が守るものなのか、もう一度、憲法の本を読むか、(私の持っている憲法は300円ですが、かなり使えます。今、冊子などで安く売っています)様々な方が問題点をあげておられるので、アクセスして下さい。




明日の自由を守る若手弁護士の会

http://www.asuno-jiyuu.com/2015/05/blog-post_79.html?m=1




集団的自衛権問題研究会

http://shudantekijieiken.blogspot.jp/2015/02/217.html





私たちは、自由と民主主義に基づく政治を求めます。.sealds

http://www.sealds.com/




安全保障関連法案に反対する学者の会

http://anti-security-related-bill.jp/





立憲デモクラシーの会

http://constitutionaldemocracyjapan.tumblr.com/




まがまめ

Date2015.06.14 (日) 23:10:05

本日の日テレNEWS24の調査では、内閣支持率が
安倍内閣最低の41.1%になったとのことです。また、
戦争法案を今国会で成立させることを「良いと思わない」が63.7%、「良いと思う」と回答した人が19.4%だったそうです。
安倍さんが好き勝手なことをできるのは、支持率が
高かったからなので、このブログなどで問題点を
わかりやすくみんなに知ってもらったり、たくさんの人が
デモに参加することで、戦争法案を廃案にさせることが
できると思います。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


カテゴリ
カウンター
プロフィール

TOMOKONOMORI

Author:TOMOKONOMORI
森島朋子 
Tomoko Morishima
【Shiga, Japan】




画像の無断転載はご遠慮ください。

カレンダー
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
ブログ翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最新コメント
QRコード
QR