京都大学 7.14 緊急シンポジウム 

7/14 駅

戦争法案に反対する『緊急シンポジウム SEALDs KANSAI×学者の会』が開催される京大吉田キャンパスへ向かうため
最寄りの駅へ。一時大雨のため電車が遅れる。




京都大学は広い。学生さんに案内される。時計台の前、大縄跳びに励む学生。



7/14 京都大学

会場、満席と立ち見、約600人。熱気で汗がぽたぽたと流れ落ちる。


7/14 カメラマン
様々なカメラマン





7/14 京大2


SEALDs KANSAI から神戸大学の塩田さん
「護憲派なんて言われるけど、僕たちの中にも、色々な意見があります。改憲したいという人もいる。でも、今の安倍さんの、憲法を無視したやり方はおかしい。国会での説明も、国民、僕たち一人ひとりを馬鹿にしていると思う。学者の方と一緒に建設的な批判をしていきたい。
安倍さんのやり方には、怒りも感じるけれど、すごい恐怖も感じている」





7/14 山室2

京都大学 山室信一教授
「言葉を弄ぶなと言いたい。『耐えられない存在の軽さ』。 首相は、日替わりメニューの様に言っていることが変わる。
武力行使で、一体化しないということはない。他国と言って、世界中どこまでも広がる。政府の裁量でどうにでもなる法案」

7/14 安保の紙

これを見て下さい」山室教授、分厚い紙束を揚げ、「これだけの法案なんです。こんなの国会議員も全部理解している人はいないと思う。100時間でも審議できない」





7/14 山室教授

「ベトナム戦争を思い出して下さい。トンキン湾事件をでっち上げて、アメリカはベトナム戦争を起こした。日本がやろうとしているのは『積極的平和主義』ではなく、『積極的な戦争介入主義』。
本当の積極的平和主義は、格差を減らして、NGOなどがやっている中立に立った武装解除や、治安維持の活動を続けること。
(国連PKO上級幹部として、東ティモール、シエラレオネの戦後処理を担当、また日本政府特別代表としてアフガニスタンの武装解除の任に就かれた経験の)伊勢崎賢治さんもおっしゃっている。
あべこべの安倍政権」

立命館大学 君島東彦教授
「与党の9割が『日本会議』に所属している。『日本会議』の価値観は、戦争で負けたこと、ポツダム宣言が受け入れられない、戦前の大日本帝国。戦後民主主義対、戦前の大日本帝国。アメリカの派兵を日本が補うことになる。」

隣の席の静かに聞いていたおじさん「鉛筆かして」とメモし始める。







7/14 永田教授

永田和宏教授
「私は一歩引いて見ることが大切だと思う。言葉の問題としてお話したい。皆さん、民主主義って何で力を持つと思いますか? 言葉なんです。


言葉が奪われる4つのプロセス

1  言論の抑圧  「梅雨空に 九条守れの女性デモ」という俳句が賞を取った。でも展示が却下されました。高知の「守ろう九条」と書かれた市電も外された。憲法に書かれていることを守ろうと言っただけでこんなことが起きている。
自民党憲法草案は、表現の自由21条に、「公益及び公の秩序」を加えている。時の政府に都合の悪い批判や報道ができなくなる。

2  言葉の萎縮   憲法草案で、オールマイティーな『公益』、『国益』という言葉が盛り込まれようとしている。『国益』とはどうとでも言える言葉。『それは国益に反する』と言われたら、誰も何も言えなくなってしまう。戦前は『非国民』だった。権力に対して批判しても『非国民』の一言で、すべてが片づけられてしまう。互いに見張り合う戦前の「隣組」が言葉を自粛させ、萎縮させる。

3  言葉に対する不感症   「八紘一宇」なんて死語が国会議員から発せられる。「デモはテロである」とか、「新聞社をつぶせ」「政府が右と言っていることを左と言えない」など、失言の一回目は、おかしいと反応できても、二回、三回とくり返されると、言葉に対して反応できなくなる。
細胞学でも免疫細胞というのがあって、くり返されるとことで言葉に不感症になることは怖い。


4  耳ざわりの良い言葉が我々を追い立てる   民主主義は言葉に対してナイーブでなければならない。少数派も尊重されるのが民主主義。今、「日本人か、それ以外か」という、○か×かの判断が強くなりすぎている。学生の塩田君がとても良い事を言った。「僕たちの中にも、色々な意見がある」。ここにおられる皆さんの中にも、色々違った意見があるでしょう。差異を見つけて「是か非か」だけで切り捨てる。この傾向は、橋下さんもそうですが、僕は小泉政権の頃から強まった様に思う。







京大
京都大学講堂/出入り口から人があふれ、手前にも立ち見の人が一杯でした。
ちらっと横を見ると、奥の方まで、もの凄く真剣な眼差しの人々。横顔が焼き付いた。




                 
時間は大幅に延長し、解散。京都大学の学生さん、夜の8時、9時から集まり、大型バスに乗って東京の国会前へ。

こっかいまえ
https://twitter.com/SEALDs_jpnSEALDs

https://twitter.com/anpogakusya安全保障関連法案に反対する学者の会

https://twitter.com/todaijin_shukai国会前へ!安保法案東大人緊急抗議集会


https://twitter.com/todaijin_shukai
東京学芸大学教員有志 緊急アピール
(なんという東京芸大の反応の遅さ!!一年遅い。今頃かよ。。。恥。怒。)



明日、国会前で座り込み行動をするという。関西では、15日、18日〜大阪で連日デモが続く。

7/19もうつぼ公園でSEALDs KANSAIのデモがある。


7/14 タバスコ

京都大学カフェ Campora。

7/14 京大カフェ




7/14 京大アイス
グレープフルーツアイス




帰りの地下鉄。お祭りの後、浴衣姿のひとと相席。鳩居堂の様な、お香の匂い。

7/14 帰り




『安保関連法制に反対するママの会』

署名を募集中。賛同約5640人(7/14までの集計)






にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村


関連記事
Date: 2015.07.15 Category: 立憲主義は政治的でせうか Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


カテゴリ
カウンター
プロフィール

TOMOKONOMORI

Author:TOMOKONOMORI
森島朋子 
Tomoko Morishima
【Shiga, Japan】




画像の無断転載はご遠慮ください。

カレンダー
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
ブログ翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最新コメント
QRコード
QR