Ortigia 23   チャラさん(Chiara) 

.
オル 6/19 チャラさん
Chiara fa un braccialetto/Waterford/F6



Piero を出ると、通りの石壁を背に、アクセサリーを売っているひとが。
両膝の間にダンボールを挟み、真剣な眼差しで糸を編んでいる。
私も横の座り、描かせてもらう。

終わってから緑の石のを買うよ、と言うと、「プレゼントよ」
断ったが、チャラさんは私の腕に、慎重にはめてくれた。「Grazie...」

なんだか悪い気がし、ホテルに急いで帰り、桜の描かれたの扇子を用意して引き返す。
「これは、ジャポネーゼの扇子よ」と、お返しにさし上げる。
(こんな時のために、関空で日本のグッズを見ておくと、わりと役に立つのだ)

チャラは一寸団扇を広げ、オールド・ミスがやるように大仰に扇ぐ仕草をし、そして笑った。




オル 6/19 手
Pietra verde/








オル 6/19 カテドラル
cattedrale/


帰り道、大きなカルトンを抱えた女性が。アーティストと直感し、声をかける。
女性は、カテドラルの大きな門を開け、「入って」


チェレステ(Celeste )さんは写真活動家で、がらんとした教会の中は、古着を売るスペースになっている。
カルトンの中から、大きな写真を出して広げる。
「アフリカに行って、現地の子どもたちと海辺のゴミ広いをしているの。アフリカの海は、もうすごいボトルだらけなのよ」
スカイブルーの海に、プラスチックとボトルの山、山、、、。深刻な浜辺の風景と対照的な、子どもたちのはじける笑顔。
思っているだけでなく、行動している姿に驚く。
オマケに、自作の不思議な石膏のお面を沢山見せてもらった。
 





オル 6/19 写真活動家チェレステさん







オル 6/19 格子



教会の入り口に、男が来て「俺の赤ん坊が病気で大変なんだ!」と叫んでいる。
チェレステさんは、私の耳元で、「相手にしてはダメ、お金をあげるとその足でお酒を買いに行ってしまうの、アル中なのよ」


一三〇〇年代に建てられた祭壇のマリアを眺めているふりをしていると、逆光の中で困惑している男のシルエットが、みえた。



オル 6/19 写真チェレステ募金
募金箱/







関連記事
Date: 2017.12.14 Category: SICILY  ORTIGIA マルコと唄う「Darling」 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


カテゴリ
カウンター
プロフィール

TOMOKONOMORI

Author:TOMOKONOMORI
森島朋子 
Tomoko Morishima
【Shiga, Japan】




画像の無断転載はご遠慮ください。

カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
ブログ翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最新コメント
QRコード
QR