Ortigia 25  朝 

.

オル 6/19 窓からの海
窓からの海/Waterford/F4





オル 6/20 朝焼け
Mattina di Ortigia






オル 6/19 朝の果物



『Algilà Ortigia Charme Hotel』、朝の食堂。
葉っぱの付いた無花果、苺、チェリー、瑞々しく豊富な果物が並ぶ。
チーズは黒かび、青かび、クリーミーなモッツァレラ、
ギャルソンのお兄さんは、キッチンのドアを肘で開けるのももどかしく、忙しく立ち回っている。



オル 6/19 朝のギャルソン
cameriere maschio/





オル 6/20 カクタス2
cactus/アルシュ






オル 6/20 朝食1



シチリアには、先史時代から、様々な異民族が入れ替わり立ち替わり押し寄せた、錯綜とした歴史がある。
古代ギリシア人の大量入植。前二一〇年にはローマ帝国に征服される。
中世はアラブに、次にノルマン人、十七世紀前半、パレルモにペストがはびこったときには、キリスト教世界になり、王国となり、次にスペイン、イタリアに併合されて現在に至る、、、。こうしたミルフィーユ層状になった歴史の中で、食文化も色んなものが流れ込み、土地に定着してきた。
日本でも蕎麦、饅頭、寿司、味噌、さつまいも、羊羹、こんにゃく、納豆、豆腐、米、麦、伝統食に欠かせないこれらの食べ物は、みんな中国から日本に渡ってきた。私の大好きな京都の半兵麩の麩饅頭。この「麩」も中国に渡った僧が伝え持ってきたものである。



オル 6/20 朝ライスコロッケ


朝食に並ぶ、大きな丸いフライの固まり。ナイフを入れると、トマトケチャップで味付けされたライスが出てきた。(ここはチーズ入り)
これはアランチーナ(東部とイタリア本土では、アランチーノと呼ぶ)という揚げおにぎりで、アラブ人が導入した米作に由来する。美味しいが一個食べるのには大変な大きさ。





オル 6/19 マクダさん
Miss Magdaleno/


レセプションのマクダさんに訊いてみる。
「イタリアのひとはみんな毎日パスタを食べるのかな、と思っていたよ」
マクダさんは、隣の同僚(目算身長192センチの彼女)と顔を見合わせながら、教えてくれた。

「Buongiorno. いいえ、そんなことないわ。私は今朝、米のリゾットを食べてきたし、パンのときも、色々よ」









関連記事
Date: 2018.01.08 Category: SICILY  ORTIGIA マルコと唄う「Darling」 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


カテゴリ
カウンター
プロフィール

TOMOKONOMORI

Author:TOMOKONOMORI
森島朋子 
Tomoko Morishima
【Shiga, Japan】




画像の無断転載はご遠慮ください。

カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
ブログ翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最新コメント
QRコード
QR